タンパク質制限ダイエットの副作用!思考低下に悩む31歳の体験談

31才男性です。
身長が170cm程で体重がMAX80kgまで太りました。
お酒のお付き合い、ストレスのはけ口としての「食」
着実に私の体重は増加していきました、気づいた時には上記のMAXな私の完成です。
「どうやってやせようか?」と悩んでいました。
会社の同僚からは「最近、太ったんじゃない?」と言われ、密かに思いを寄せていた女性からは醜い豚を見るような「白い目」で見られました。
これは早急にどうにかしなければ!と感じたのです。
動画や、雑誌、テレビそれに、インターネット。
色んなメディア媒体から「ダイエット」に関する情報を集めていきます。
その中で目を引いたのが「タンパク質を制限する」ダイエット法でした。
今までも色んなダイエットに取り組んできた私です。
そんな私もやった事のない方法でした。
色んな副作用なども、記載されていましたが「いい結果」の方だけを信じる(馬鹿野郎)私はとりあえずやってみました。
すると、みるみる体重が落ちていきます。
たいして運動などもしていないのに!です。
ダイエットに取り組んでいる私が一番、びっくりする結果です。
しかし、順風満帆に進むかと思う「ダイエット」も暗礁に乗り上げます。
「色んな副作用」の一つが私の身に起きたのです。
タンパク質不足で陥る、副作用の一つ「思考低下」です。
もともと「思考力」の低い私がさらに「思考低下」するのです、『本当のバカ!』です。
それまで当たり前にできていた、仕事がすんなりとこなせなくなりました。
「なんでだ?」と考えていたら、このダイエットがふっと頭に浮かびました。
とりあえず帰宅後に、インターネットで調べた所上記の「色んな副作用」を目にして愕然としました。
タンパク質制限も行き過ぎるとこうなると、実際に体験してみて学ぶこととなりました。
その後ダイエットに成功することになりましたが、このダイエットに「改良」を加えたものになります。
そのダイエット法は・・・また次のきかいに。